選び方

チャットレディの職歴は履歴書に書く必要なし?言い換えを紹介

チャットレディの職歴は履歴書に書く必要なし?言い換えを紹介

チャットレディの職歴は履歴書に書かないべきって本当?その場合どう書くのか知りたい!

チャットレディは在宅でも通勤でも働けて、副業にも適しているため今注目を集めている女性の高収入求人です。多くの女性がその魅力に気が付いて働いていますが、気になるのはその後転職活動をする時が来た際に、職歴はなんて書けばいいのかということでしょう。

基本的にチャトレとして働いていることは隠している人が多いので、職歴に空白ができることが不安になってしまいます。

今回の記事では、チャットレディ経験者は職歴欄の書き方をどのようにしているのか徹底解説していきましょう。

チャットレディの職歴を書かずに経歴を空白にしてもいい?上手な書き方とは

チャットレディとして働く場合、チャトレであることは隠してお仕事をしていく人が大半です。身バレ対策や会社バレ対策をしっかり行っていても、転職の際職歴に「チャットレディ」と書かなければいけないのであれば本末転倒でしょう。

チャットレディとして働いていた経歴を履歴書に書きたくないという人であれば、チャットレディだった期間を空白にすることも可能です。

ただ、こうなると面接の時に「職務経歴に空白の期間がありますが、なぜ仕事をしていなかったのですか」と問われてしまう可能性があります。チャトレ経験者はどのように伝えているのでしょうか。ご紹介していきましょう。

親の介護や育児を理由にする

超高齢化社会の今、親や祖父母の介護をしているという若者は少なくありません。実際に親族の介護が忙しくて学校に通えないという学生もいるようです。

そういった現状を利用して、チャットレディとして働いていた期間を家族の介護をしていたと伝えることができるでしょう。

ただ、家族の介護で仕事もできなかったのであれば「今後また介護を理由に仕事を辞めてしまうのではないか」と思われる可能性もあります。やっと施設が見つかったなどの理由を用意して、これからは長く働いていけるということをアピールしていきましょう。

家事手伝いを理由にする

空白期間の理由として「家事手伝いをしていた」と答えるのもいいでしょう。しかし、ただの家事手伝いになってしまうと「ニート」を連想されてしまいます。
手伝いをしていたで終わらせるのではなく、しっかり理由付けをしてください。

「結婚の日取りも決まっていた婚約者が専業主婦になってほしいと言っていたが、その話が破談になってしまったので働こうと思った」という理由や、「弟や妹が幼いが、両親が多忙で家を空けることが多いので代わりに専業主婦をしていた」といった理由でもいいでしょう。

理由があって働けなかったのであって、機会があれば働きたかったという意思を伝えてみてください。この先はそういったことがないということも付け加えて、話してみてくださいね。

職歴ではなく印象で勝負

職歴が空白になってしまうと、様々な疑念を抱かれてしまうかもしれません。しかし、職歴はもちろん大事ですが実際に面接で話した際に印象が良ければ仕事に受かることも可能です。

印象の良い話し方や受け答え方というのは、チャットレディで培った能力を生かす大チャンスと言えるでしょう。
今まで男性相手に仕事をしてきたスキルをしっかり生かして、面接官を虜にしてみてくださいね。

チャットレディが職歴を埋めるためにかける内容とは?嘘をついてはいけない理由もご紹介

チャットレディとして働いていた職歴は書きたくないけれど、空白期間を作るのは気が引けるという人もいるでしょう。やはり、空白期間があると面接に行く前に履歴書で落とされてしまうという事実もあるからです。

では、空白期間にしないために諦めてチャットレディをしていたことを書かなければいけないのかというと、そうではありません。
嘘ではない職歴を書くことで、チャットレディとして働いていたことは知られずに済むのです。

では、履歴書に嘘を書くとどうなるのか、どんな職歴を書くといいのかについてご紹介していきましょう。

嘘をつくと履歴書詐称に

チャットレディに限らずキャバクラやスナックなどの女性限定の高収入ワークで働く女性は、やはり履歴書に職歴をどう書けばいいのかということに悩む人がほとんどです。

ただ、キャバクラやスナックなどで働く女性は「飲食店勤務」と書けばいいので安心ですが、チャットレディは飲食店だと嘘になってしまうのでおすすめできません。

嘘の経歴を履歴書に書くことは、経歴詐称になってしまいます。経歴詐称が明るみになると会社の信頼を失うばかりか、懲戒解雇処分になってしまう可能性があるのです。
懲戒解雇処分はまれなことではありますが、絶対ないとは言い切れないので注意してください。

経歴詐称は今までの信頼も全て失ってしまうほど大きなことなので、嘘は付かないということを徹底していきましょう。

フリーランスの個人事業主

嘘にはならない職歴としてチャットレディが記載できる職業として一番最適なのが、個人事業主です。そもそもチャットレディは業務委託契約で個人事業主として働くので、個人事業主と書けば本当のことを書くことになります。

面接では雑談も交えてくる面接官もいますが、正社員ではない個人事業主ならではの確定申告の話や、収入の不安定さについてスラスラと話すことができるので会話も弾みやすくなるでしょう。

どんな業務をしていたか聞かれることもあると思いますが、その場合はクラウドソーシングなどでライターや電話対応の仕事をもらっていたなどと話せば大丈夫です。チャットレディに近しい部分もあるので、うまくかわすことができるでしょう。

全てを話すとチャットレディであったことがバレてしまいますが、男性客を常連にするための努力などは仕事の苦労として話すことも可能です。経験談をうまく利用できるので、ぜひ活用してみてくださいね。

データ入力の仕事

チャットレディにはライブチャットサイト上でメールの返信やアタックメールを送る機会などがあります。また、たまに今音声を聞くことができないからチャットで会話をしてと頼んでくる男性もいるので、タイピングは常にすることになるでしょう。

そのため、データ入力の仕事をしていたというのもあながち嘘ではありません。データ入力の仕事をしていたという経験は、今後働く仕事でパソコン業務が必要になった場合に経験として見てもらうこともできるでしょう。

タイピングが得意だという人であれば、データ入力をしていたと書くと自分のためになるかもしれません。反対にタイピングが苦手なのであれば、データ入力をしていたと書くと不利になる可能性もあるでしょう。

自分の向き不向きを考えてデータ入力という職歴を活用してみてください。

コールセンター業務

コールセンター業務もチャットレディに似通っている部分があります。受電側よりもどちらかといえばアウトバウンドの方が、チャットレディの仕事に似てるかもしれません。

テレホンアポインターはリストにある顧客へ電話をかけ、自社商品やサービスを紹介して行くお仕事になります。紹介だけすれば誰もがイエスと言ってくれるのではなく、ほとんどが断られ続けるお仕事です。そのため根気が必要な仕事になります。

チャットレディも男性との会話を根気よく続けて顧客を獲得していく仕事のため、経験などを聞かれた場合に話しやすいでしょう。接客スキルがあるというアピールにもなるので、自分に合っていると思ったら活用してみてください。

一般事務職

一般事務職では資格は必要ない場合が多いですが、経験は必須だったりする場合が多くあります。そのため、転職希望先が一般事務職であれば、一般事務職をしていたと書くことでメリットに繋がっていくでしょう。

一般事務の場合は来客対応や電話対応、メールの返信などの業務があります。パソコンでの入力作業などもあるので、チャットレディの仕事と似通った部分もあるでしょう。こういった業務を行っていたと伝えることができるので、一般事務職をしていたと書いても嘘にはなりません。

最近では在宅の事務職も増えているので、在宅勤務をしていたと言っても特に突っ込まれず怪しまれることもありません。求人は溢れているので、知識がある面接官も多いと思いますよ。

次の職種は一般事務だと思っている人は、ぜひ活用してみてください。

チャットレディが職歴欄の記入に困ったらAlice鹿児島に登録することで解決!

チャットレディが転職活動する際に、履歴書へ書く職歴はどうすればいいのかなんとなく分かったかもしれません。ただ、実際に書くとなると本当にそれでいいのか不安になってくる人もいるでしょう。

そういった人には、チャットレディ代理店Alice鹿児島に登録することをおすすめします。アリスのスタッフは働いている間の稼ぐ方法を教えてくれるのはもちろん、いずれ巣立つ女の子にもしっかり対応してくれますよ。

多くのチャットレディ代理店事務所の記事で口コミや評判もいいので、調べてみても安心できると思います。少しでも気になったらアリスに電話やメールをしてみてはいかがでしょうか。

鹿児島のチャットレディならアリス

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA